利益算出のための要素と計算式

利益計算式はいまいち難しい

いろんな方のブログを見ると、やはり利益計算はとても大事だ、と。

分かってはいるのだけれど、やはり明確に記載してくれている人は、少なくて、パターンも多いので、プログラムに書くには、まだ情報が不足しています。

商品毎に利益を算出しています。

精度が上がるように、売れた商品に対しては、繰り返しフィードバックして、利益計算式を見直していこうと思います。

そのあたりも自動化しようと考えています。

 

現在の計算式

恥ずかしながら私の利益計算式を公開します。

この記事を見ている方は基本的にライバルと思いますので、あまり期待はしていないですが、誤っていたり、修正すべきものがあればコメントほしいです。

コメント頂いたら、すぐにプログラムに反映してしまいます。苦笑

利益=①-(②+③+④+⑤+⑥+⑦+⑧)

①売価 ⇒ AmazonUSで販売する価格
②原価 ⇒ AmazonJPで仕入れた送料込価格
③カテゴリ手数料 ⇒ ①*0.15
④FBA販売手数料  ⇒ 300円
⑤FBA在庫保管量 ⇒ 100円
⑥送料 ⇒ 2500円/kg
⑦為替手数料 ⇒ {①-(③+④+⑤)}*0.02
⑧関税 ⇒ ②*0.1+200

 

上記用語(特に③~⑤)は、僕が参考にしたサイト毎に違ったり、アマゾンのサイト内の用語とうまく対応が取れずに合っていないかもしれません。

見て分かるとおり、FBA利用しています。

まだまだ不明点が多いので、原則「高く費用がかかった場合」というコンセプトの計算式になっています。

例えば、関税は、商品によって割合が異なったり、送料も重量か体積重量かで違います。

カテゴリ手数料も一番高い15%で計算しています。

 

ざっくりとした価格観

例えば、最近納品した時のざっくりとした価格観を書きます。
※まだ開始2か月です。これからもっと成長するつもりなので、少ない金額ですが、これからも不定期で実績を載せていこうと思います。

仕入れ   : 60000円くらい
送料    : 15000円くらい
その他経費(関税や手数料、etc) : 35000円くらい
売上予測 : 170000円くらい

⇒ 利益予測 : 60000円

という感じです。始める前は、月あたりの利益は月商の1割くらいかな、と予想していましたが、実際はもう少し良さそうです。

もしかしたら、人件費がかからないというのが大きいのかなと感じています。

また、気づいたことなどがあれば、ブログで報告したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。