「結局のところアマゾン輸出は儲かるのか」を真剣に考えてみた

はじめに

私はアフィリエイターではないので何かの勧誘でもなく、裏の思惑もなく、ただ本心で思うことを書きます。

Twitterを始めてたくさんの輸出入・せどりをする人の動向を見ていると、アマゾン輸出から仮想通貨を語り始める人が多々いますが、そんな人はぜひ最後まで読んで(自問自答して)いただきたいです。

 

楽して小金を得るか、苦労して大金得るか

お金を手に入れたい人は、結局のところ、ほとんどの人は「楽して小金を得るか」(左下)、「苦労して大金得るか」(右上)のどちらかを選ぶことになると思います。

右上のYoutuberや経営者の位置は適当ですが、大事なことは、「投入リソース」、「得られる金」という直行する2軸で考えてみることです。

せどりやアマゾン輸出入は、果たしてどこなんですか?

仮想通貨は、果たしてどこなんですか?

この2軸で言うと、間違いなく左上を夢見て(目指して)ますよね。

私は、「左下から左上にシフト」することが、アマゾン輸出の目指すべきところと考えています。

 

「お金を稼ぐ」と「お金を増やす」

「結局のところアマゾン輸出は儲かるのか」の答えを出すために、ちょっと視点を変えます。

この世の中でお金を生み出す方法は、「お金を稼ぐ」と「お金を増やす」の2つに大別して良いと思います

「お金を稼ぐ」は、自分が持つリソース(時間、体力、気力、知力、等)を提供(労働)して、対価として金を得る。
⇒従業員、サラリーマン、アルバイト、アフィリエイターなど

「お金を増やす」は、自分が持つ資産を元手に、金を増やす
⇒経営者、FX、投資信託、せどり・輸出入、など

アマゾン輸出はね、「お金を増やす」なんですよ、間違いなく。そして、仮想通貨も、もちろん2つめの「お金を増やす」です。

会社経営は後者なんですが、「脱サラしてラーメン屋」なんかは両方にあてはまる気がするので、必ずどちらかというわけではないです。

じゃあ、「お金を増やす」場合、何を意識するとよりハッピーになれるのかを考えるために、「お金を増やす」が持つ特性を考えます。

 

「お金を増やす」が持つ特性

私が経営学などを勉強せずに勝手に考えていることですが、「お金を増やす(=投資)」は下記3つの特性を持っていると考えてます。聞いたことある単語ばかりですね。

         アマゾン輸出 株/FX/投資信託
①元金      資金     投資金額
②利率      ROI      利回り
③期間      仕入~販売  投資期間

大抵の適当なウェブサイトでは、ここまでしか語っていませんが、

さらに大事な4番目の特性は、「④実現可能性(フィジビリティ)」です

④実現可能性

この4つの特性をベースにいくつかの「お金を増やす」方法を評価してみます。

なお、元金は100万固定で考えてみます。

 

株・FX

私は、株・FXを個人でやって150万損したことがあります

①投資額:100万
②目標利率:高め
③期間:1年

株・FXを勉強したことがある人は分かると思いますが、④の実現可能性が問題で、株・FXで儲けている人は全体の5%~10%と言われています。

方法論は多々あるのですが、普通の人には実践できないことが多く、株・FXは「お金を増やす」商品としては個人的にナシです

つまり投資額100万×300%=300万、などの計算をしても実現できないので意味なし。

 

投資信託

投資信託は、老後資金のために確定拠出年金と個人年金として積立NISAやってます。時間も不要、メンタル強くする必要なし。

①投資額:100万
②目標年利:5%~10%
③期間:1年

②は商品によって異なるのですが、目標値をいくつにしているかを見ます。また、年度によっても実績値は異なりますが、あくまでも5年、10年、30年と長いスパンで見た時の平均値として「②目標利率」と「④実現可能性」に分けて考えます。

④の実現可能性ですが、短期の投資信託はギャンブルと同じく実現可能性は低いと考えてます。

ただ、長期(10年以上)で積立てれば、実現可能性はほぼ100%で良いかと。

投資信託の場合、1年かけて5万~10万しか増やせません

せどり、輸出入

①投資額:100万
②目標利率:10~30%(私のアマゾン輸出での目標利率)
③期間:1~2ヶ月(私のアマゾン輸出での目標期間)

④の実現可能性の確保が、仕組み・方法・やり方に依存しますね。

もちろんツールを使ったり必死にリサーチしたり、私のようにシステム作ったりとすることで、ほぼ100%にすることができます

せどり、輸出入の場合、利益率20%期間2ヶ月だと、1年で100万×1.2×1.2×1.2・・・6回繰り返すと、約300万になりました。

ホントかな?苦笑

 

ギャンブル(おまけ)

パチンコ、スロット、競馬、その他全て期待値が投資額より低いので問題外です

②の利率が、
宝くじ:-55%
競馬:-30%
パチンコ:-15%

なので、お金を増やす”商品”としては、問題外。

 

んで、仮想通貨は儲かるの?

儲かりません。

今年100万→300万になっても、来年300万→0万になります。

今年100万→300万になり、来年300万→1000万になっても、再来年1000万→0万になります。

1年で100万→300万のようなトレードをする人は、そもそも資金管理ができていないので、大損して撤退を余儀なくされます。

100万→300万の甘い蜜を吸ったら、100万→300万→やめる、なんて出来るわけない。ギャンブルと同じ依存性がありますから。

 

結局のところアマゾン輸出は儲かります!

人生初の副業として私はアマゾン輸出を選びましたが、間違っていなかったと感じています。

これからも継続していきますが、大事なことは①~④の特性を改善し続けることです

当たり前のことばかりなんですがね。

私は、アマゾンを利用した輸出入は、ローリスク、ハイリターンと信じています。

ということで、がんばってみんな儲けましょう。

 

それでは、また次回。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。